女性ホルモンの不調

トリキュラーヘッダー

40代の女性は『プレ更年期』!?

女性にとって40代とは、何かと多忙で自分の体調管理がなかなか出来ない時期です。
働いていれば社内で重要なポジションであったり、家庭を持っていれば育児や家事に追われたりと、知らぬ間にストレスを溜めてしまいがちです。

実は、この時期に女性の体は外部事情と別の変化が起こっているのをご存知でしょうか?
女性の体内で非常に重要な役割を果たしている女性ホルモンが、35歳ぐらいから徐々に減少しているのです。
女性ホルモンの減少は、栄養バランスを欠いた食事や喫煙、ストレスや睡眠不足などの要因によってさらに加速します。
その結果、様々な不調が起こるのです。

排卵が止まってしまったり生理不順が起こったりすれば、それは女性ホルモンの不足を意味します。
更年期とは閉経をはさんだ40代後半~50代前半ぐらいまでの時期を指しますが、30代後半~40代半ばの女性にもしばしば更年期特有の症状が見られる事があります。

これがいわゆる『プレ更年期』と呼ばれる時期です。

ホルモンバランスの乱れによる不調

プレ更年期となり女性ホルモンが減少すると、心身ともに様々な不調が起きます。

からだの不調

月経不順、月経痛、月経前症候群(PMS)、おりもの、腹痛、頭痛、肩こり、めまい、目の疲れ、ドライアイ、肩こり、腰痛、関節痛、冷え、むくみ、のぼせ・多汗、便秘・下痢、体重の減少

こころの不調

イライラ、気分の不安定、不安、倦怠感、疲労感、無気力感、もの忘れ、不眠・眠気、過食・食欲不振

はだの不調

乾燥・かゆみ、吹き出物、しわ・たるみ、シミ・くすみ、目の下のクマ、抜け毛・薄毛・白髪、口臭・ドライマウス、爪がもろくなる

プレ更年期の原因として、まずストレス要因があります。

更年期前に少しずつ卵巣の機能も低下していきますが、それに加えてストレスを溜め込むとホルモンの分泌量が減ります。
結果として、女性ホルモンのバランスによって支えられていたあらゆる機能に不調が出てしまうのです。

ストレスが生み出した現代病とも言える『プレ更年期』が女性の間で増えており、女性ホルモンというものに関心が高まっています。

プレ更年期の治療に低用量ピルを

更年期前に女性ホルモンの減少が見られる『プレ更年期』ですが、有効な治療法として低用量ピルがあります。

低用量ピルは女性ホルモンを錠剤にしたものであり、成分は卵巣ホルモン(エストロゲン)、黄体ホルモン(プロゲストーゲン)です。

錠剤に含まれているホルモンの量によって高用量ピルや中用量ピルもありますが、現在もっとも使われているのは眠気や嘔吐といった副作用の少ない低用量ピルです。低用量は飲み始めた時に軽い吐き気や頭痛、乳房の張りなどを感じる場合がありますが、これはマイナートラブルと呼ばれる症状で、薬に慣れると無くなります。

マイナートラブルは人によって個人差がありますが、発症しても数日~数週間ぐらいで消えると言われています。

トリキュラー以外の低用量ピル

低用量ピルは避妊効果だけではありません

低用量ピルは安定した避妊効果をもたらす薬ですが、メインの避妊効果以外にも様々なメリットがあります。
女性ホルモンが安定することによって、プレ更年期における月経痛やイライラ、月経前症候群といった主な症状を暖和する効果があるのです。

黄体ホルモンは皮脂の分泌をさかんにする作用がありますが、ホルモンバランスをコントロールすることによってニキビを治療することもできます。

避妊以外の効果をもっと詳しく

なお、低用量ピルは処方せん医薬品ですので、ドラッグストア等では売っておりません。病院で診断を受け、処方せんがあれば手に入れる事はできます。しかしすでに使われている方や、どのピルを使いたいなど決めている方などは、毎回病院で処方してもらわずとも、インターネットの通販でピルを購入する事ができます。
薬の通販と言えども、通常の通販と同様に購入さえすれば、処方せんも診察代も要らず、注文するだけで自宅へ配送してもらえます。

毎日飲むピルですから、自分にあったピルを手軽に手にいられるインターネット通販がおすすめです。

トリキュラー以外の低用量ピル