トリキュラーの飲み方

トリキュラーヘッダー

トリキュラーは月経の周期に合わせて飲みます

トリキュラーは基本的に妊娠していなければいつでも飲み始められます。
ただし、原則として月経開始と同時に飲み始めるのが一般的です。

トリキュラーは三相性の経口避妊薬ですので、段階に応じて3種類の錠剤を順番に飲むようにします。
最初の6日間に赤い錠剤、次の5日間に白い錠剤、そして最後の10日間に黄色い錠剤という順番です。

トリキュラー21の場合は次の1週間を休薬期間として薬を飲まず、トリキュラー28の場合は体に無害な偽薬を飲み続けます。

そして月経が終わっていても続いても、28日周期でこれを繰り返します

週末に合わせて飲むサンデースタート

通常は月経開始に合わせて飲む方法が一般的な飲み方ですが、サンデースタートという飲み方もあります。

これは月経が始まって最初の日曜日に飲み始めるというものです。

この方法はカレンダー通りに飲むのでスケジュール管理をしやすくなり、なおかつ週末の出血を抑えられるというメリットがあります。
これによって週末に生理を気にする事なくエンジョイすることができます。

ただし、サンデースタートは飲み始めて最初の1週間、他の避妊方法と併用しなければなりません。

対して一般的な飲み方(デイワンスタート)は服用開始日が分かりやすいというメリットがあるものの、月経が週末に重なる事が多くなります。
また、2周期目以降は月経開始日=服用開始日ではなくなるので飲み始める日を注意しなければなりません。

トリキュラーを飲む際の注意点

喫煙はしない

喫煙は血液が固まって血管が詰まる血栓症の原因となりますので、服用期間中は喫煙を控えるようにしてください。
もし、トリキュラーを服用してから血栓症の疑いがあるような症状が現れた場合、直ちに服用を中止して医師に相談してください。

間違えて多量に飲んでしまった場合

もし体に何らかの異常を感じたら、医師や薬剤師に相談してください。

40歳以降の人は慎重に

40歳以上の女性は、心筋梗塞など血管系の障害が発生しやすくなる年代です。
トリキュラーの服用によりこれらの症状を引き起こす恐れがあります。
40歳上の女性がトリキュラーを飲む際は経過を見ながら慎重に飲むようにしましょう。
万が一不審な症状などを感じたら、ただちに服用を中止して医師に相談してください。