トリキュラー以外のピル

トリキュラーヘッダー

トリキュラー以外の主なピル

低用量ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスによって世代別に分類されております。
卵胞ホルモンが多い第一世代、黄体ホルモンが多い第二世代、そして男性ホルモンの作用を抑える第三世代があります。

また、世代とは別に錠剤の種類として一相性三相性に分かれます。
一相性はピルを飲み続ける21日間、卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスをずっと均一に保つので、錠剤はすべて同じです。
対して三相性ピルは21日間の間にホルモンバランスが三段階で変化させていく仕組みですので、錠剤は三種類となり、飲む順番も決まっております。

ピルは基本的に21錠を飲んだ後に七日間の休薬期間を設けますが、この七日間に飲み続ける偽薬(プラセボ)を含めた28錠入りのピルもあります。
偽薬は体に無害な成分であり、飲み続ける事によってピルの服用スケジュールを管理しやすくするための錠剤です。

トリキュラー以外の主なピルは以下になります。

マーベロン(ノベロン)

第三世代の一相性ピルです。
デソゲストレルという黄体ホルモンを含有し、第二世代における黄体ホルモン(プロゲステロン)に比べて男性ホルモンの働きを抑制する作用があります。
この結果、第二世代でホルモンバランスの変化により生じていた肌荒れやニキビ等の副作用を抑えられるようになりました。
ただし、不正出血、便秘、下痢、体重増加などの副作用や血栓症の危険性があるのは他のピルと変わりません。

ダイアン35

欧米人に比べて小柄であるアジア人の体格を考慮して作られた、第三世代の一相性ピルです。
エストロゲンとプロゲステロンの他に、前立腺がんや乳がんの治療に用いられる成分であるエチニルエストラジオールが配合されています。
マーベロンよりもさらに男性ホルモンを抑制する作用が強い傾向があり、バストアップやニキビ治療、アンチエイジング等の美容効果が期待されます。
ただし、効果が強い分、血栓症のリスクが高くなりますので、服用の際には注意が必要です。

ヤスミン

アメリカで最も処方されているピルで、現在最も新しい第四世代のピルと言われています。
ヤスミンは『トリキュラーで太る?』の項でも触れた通り、体重増加を抑えられるピルです。

国内では認可されていないものの、ダイエットピルと呼ばれて多くの女性が服用しております。
また、ニキビや肌荒れに関しても第三世代よりさらに発生率が少なくなったと言われています。
一相性ピルですので、飲み間違えも起こりにくくなります。

ヤーズ

ヤーズはどの世代にも属さないピルで、低用量ピルと区別して超低用量ピルと呼ばれています。
新種のプロゲステロンであるドロスピレノンを配合した新しいタイプのピルで、月経の期間を短くする作用があります。

副作用は抑えられるものの、飲み始めにはやはり不正出血や乳房の張り、吐き気などの副作用が多く見られます。
また、ヤーズを服用した患者から血栓症による死者も出ているので、こういったリスクにも配慮が必要です。

緊急避妊用ピル(アフターピル)

トリキュラーは生理開始時に飲み始めて避妊を予防するピルですが、避妊処置をせずに性行為をしてしまった後で飲む緊急避妊用ピルもあります。緊急避妊用ピルはアフターピル、もしくはモーニングアフターピルとも呼ばれます。

アフターピルはいわゆる黄体ホルモン(プロゲステロン)を錠剤にしたものです。
排卵前に分泌される黄体ホルモンを外部から摂取する事により、脳を妊娠状態に錯覚させて卵巣での黄体ホルモン分泌を防ぎ、排卵を抑制する作用があります。
ただし、避妊効果は通常のピルに比べて下がるので、この薬を飲んでも妊娠する可能性があります。
なお、緊急避妊ピルは中絶薬ではなく、あくまで妊娠を予防するためのピルです。
ですので、性行為をしてしまった後の72時間以内に飲まなければ効果がありません。
なお、アフターピルは他のピル同様、不正出血や倦怠感といった副作用が出ることがあります。

アフターピルには、主に以下の薬品があります。

ノルレボ

国内で処方される緊急避妊用ピルです。

性行為後72時間以内に2錠を一気に飲みます。
この薬をのむことによって完全に避妊する事はできません。ノルレボを服用した後も妊娠する可能性がありますので、適切な避妊処置を行うようにします。

ノルレボのジェネリック医薬品

ノルレボ(成分名:レボノルゲストレル)のジェネリック医薬品(後発医薬品)として、以下の薬が通販で購入できます。
ジェネリック医薬品(後発医薬品)は先発医薬品に比べて格段に値段を抑えられるので、非常に安価で購入することができます。

アイピル

成分
レボノルゲストレル:1.5mg
製造元
シプラ

アンウォンテッド

成分
レボノルゲストレル:0.75mg
製造元
マンカインドファーマ

ピルのジェネリック医薬品

個人輸入代行サイトでは、国内では処方されていない薬やジェネリック医薬品を買うことができます。

先発医薬品が販売されて10年ほど経つと特許が切れます。 特許が切れると、開発元以外の製薬会社でも製造・販売できるようになります。

先発医薬品は莫大な開発費がかかるため、特許期間を設けて収益で回収しなければなりません。
後発医薬品は製造コストのみですので、値段を大幅に下げることが出来ます。
結果として、有効成分は同一でもジェネリック医薬品の方が格安に購入することができるのです。

もちろん、トリキュラーのような先発医薬品も個人輸入をすることができます。
トリキュラーを処方してもらうのに、毎回産婦人科へ通うのは時間と手間と診察費がかかります。個人輸入代行サービスを使えば、楽天やアマゾンといった通販サイトと全く同じ感覚で手軽にピルを購入できます。当然ながら、購入したピルはご自宅へ配送されますので、個人輸入は経済的かつ効率的と言えます。