トリキュラーの生理痛への効果

トリキュラーヘッダー

生理痛とは

生理痛とは、女性の生理中に起こる痛みやそれに付随する疾患全般を指す言葉です。
なぜ広義的な意味合いになるかというと、生理痛は原因も症状も色々あり、生理の重さによって様々だからです。

日本産科婦人科学会の統計によると、実に3割近くの女性がひどい生理痛に悩まされています。
中には、仕事に支障をきたすレベルの苦しみで会社を休まざるをえない方もいます。

生理痛の主な症状としては、腹痛、腰痛、全身の倦怠感、イライラなどがあります。
下腹部の痛みがひどくなると、月経困難症という状態になります。
こうなると起き上がることもままならずに寝込んでしまいます。
さらにこの下腹部の痛みには子宮内膜症や子宮筋腫といったいずれも重篤な疾患を引き起こす恐れがあります。

生理痛の原因

生理痛の原因としては、主に以下のものがあります。

プロスタグランジンの過剰分泌

プロスタグランジンとは生理中に分泌されるホルモンで、不要になった粘膜を排出する出血(経血)を促す物質です。
このプロスタグランジンが過剰に出てきてしまうと、子宮が収縮しすぎて陣痛のような痛みを引き起こします。

また、この物質は他の部位の痛みを強める作用もあるので、頭痛や肩こり、腰痛、吐き気などの原因にもなります。

子宮の出口がせまい

子宮の発達が未成熟な女性に見られる原因です。
出口がせまいので上記のような経血がなかなかスムーズに行かず、痛みを伴います。

冷え

体が冷える事で血液の循環が悪くなります。
これによって上記のプロスタグランジンが血管の中に留まってしまい、痛みの原因となります。

ストレス

肉体的、精神的なストレスによって自律神経のバランスが崩れても血行が悪化します。
体温を調節する機能も低下するため、生理がスムーズにいかず生理痛を引き起こします。

病気による痛み

子宮内膜症や子宮筋腫といった病気が原因となる場合があります。
この病気は生理以外の時は痛まないため、生理痛だと思っているうちにどんどん悪化してしまう傾向があります。

トリキュラーの生理痛への効果

トリキュラーは、生理痛の症状を和らげる効果があります。
トリキュラーに代表される低用量ピルは、女性ホルモンのバランスを安定させます。
また、体を妊娠状態にさせるので、子宮を眠らせたような状態にします。
これによってプロスタグランジンの過剰分泌を防ぐことができます。

今までひどい生理痛に悩んできた方でも、低用量ピルによってウソのように痛みが無くなります。

低用量ピルは避妊だけでなく、こういった生理痛の治療にも用いられます。
現在の所、トリキュラーは安全な低用量ピルとして避妊の目的以外にも生理痛の緩和の効果の面から見ても、病院で最も多く処方されている低用量ピルの一つになります。